ハイエースで事故に!事故車でも買取価格はつく?

ハイエースで事故に!事故車でも買取価格はつく?ハイエース

悲劇、ハイエースで事故・・・
今まで大きな事故なんてした事なかったのに・・・。

免許を取ってから長い間運転してきて、自分の運転には自信があったけど、ふとした瞬間、気がついたら車を衝突させてしまっていた。

それはそれはショックで、自分の運転にガッカリした後、落ち着いて考えると思い浮かぶ事。修理?乗り換え?下取りに出しても値段がつかないかも知れないという不安。

「事故車」なんて買い取ってもらえないのでは?と、思わず悲観してしまいますよね。中古車市場でも事故車というだけで数十万円安くで販売されているし、絶対に査定価格も安くなる。

エアバッグが開くような事故なら、価値はゼロかも知れない・・・。でもまだ希望は捨てないで、この先の記事を見てから考えてみてください。

ちょっと待って、そのハイエースまだ売れるかも!

事故車は値段が落ちる。ほとんど廃車。修理するにもお金がかかるから、ディーラーに引き取ってもらって乗り換え。

事故をしてしまって、そんな経験をした方もたくさん居ますが、それは一般的な車の話。

「ハイエースは一般的な車とは違うの?」

その答えは、「全然違います」

ハイエースは、事故をしていても、故障をしている状態でも、かなりの高額で取引される車なんです。事故車のハイエースがタダ同然で引き取られるのと、数十万円で買い取ってもらえるのと、どちらがいいですか?

高値で売却したいですよね?では一体どうして、ハイエースは事故車でも買取価格がつくのでしょうか?

関連記事:ハイエースを売りたい!高く売るためのマル秘テクニックとは

ハイエースは事故車でも売れる事実を知っておく事

まずは、「ハイエースは事故しても売れる!」という事実を知っておいてください。大きく破損していたり、エンジンが壊れていても。

決して安く手放したり、廃車として引き取られたりしないように、事実を知っておく事が大切です。では、一般の車と比べてハイエースは何が違うのでしょうか?

どうしてハイエースは事故しても売れるの?

どうしてハイエースは事故しても売れるの?

普通なら、事故をすると大きく価値が下がってしまうのですが、どうしてハイエースが高額で取引をされているのか?

その大きな要因は、「海外の高い需要」。もちろん、国内でも大変人気の高い車で、高額で取引されていますが海外の人気の高さほどではありません。

海外人気があまりにも高いから国内の値段も上がるというような構図です。特に人気があるのは、商用バンでディーゼルのハイエースです。

事故をしていても修理をして出せば海外では非常に高額で取引されます。海外で修理されるケースも多く、事故車両の方が輸出の際の関税が低くて済むというのも理由の一つです。普通の車ではこんな事はまずありませんので、ハイエースならではの特別な条件です。

修理をしてハイエースに乗り続けるのもアリ?

もちろんアリです。しかし、仮に修理費用が50万円かかったとしてキレイになったとしても「事故車」というマイナス要素は査定価格に残ります。

それなら、いっそのこと事故現状車でも一度査定をしてみる方がいいですね。修理してから売却するのと、事故現状で売却するのと天秤にかけてみる事をオススメします。

大概の場合、修理代がかかる費用よりも事故現状で売ってしまった方が金額的に得をする事が多いでしょう。あとどれくらいの期間、そのハイエースに乗り続けるのかも考えて、高値で買い取ってもらえる時期に売ってしまうのも良いですよ。

10万km走ったハイエースで事故、さすがに廃車?

「事故車」、「過走行」、どちらも車の価格にはマイナスのキーワードですが、ハイエースにはそんな言葉にはあまり影響されません。

もちろん、全く影響が無いわけではありませんが、10万km走っても20万km走っても買取価格がつくのがハイエースです。

こちらも国内では考えにくいのですが、事故車だったり過走行の車両に対して価値が物凄く下がるという事が海外では少ないです。ですので、たくさん走った車で事故をしてしまっても、まだまだ諦めずに高額買取を目指しましょう。

関連記事:ハイエースを廃車にするのはもったいない!お得な売却法をご紹介 

諦めずに買取価格を見てみよう!

諦めずに買取価格を見てみよう!

事故車だから、故障車だから。そんなネガティブな要素でハイエースの価値がなくなったりしません。まず出来ることは、諦めずに買取査定をしてみる事です。

ネットで簡単、買取査定

もうご存知の方も多いですが、実際に利用した事がある人はまだまだ少ないネット査定。

  • 個人情報を登録したくない
  • 営業がしつこそう
  • 顔の見えないネット上でのやり取りに抵抗がある

様々な不安要素がある中で、まだまだ普及していないのも現状です。しかし、最近では個人情報もメールアドレスと名前だけで良かったり、営業の電話が一切かかってこないモノもあります。

おおよその相場を知りたいだけでもOKというサイトもあり、ユーザーの知りたい情報だけを上手に手に入れる事が出来ます。

また、実店舗に行く必要がなく、一度に複数の買取店に査定を依頼する事ができるので、一つの店舗で安く買い叩かれる心配はありません。50,000円しか価値が無いと言われたハイエースが、30万円になったりそれ以上の高額になるケースもあります。

事故車でも過走行でも故障車でも大変人気のあるハイエースだからこそ、一番高くで売却できるネットの買取査定を活用しましょう。

下取りには注意、売却で損をしないために押さえておきたい重要ポイント

ハイエースはトヨタのディーラーで買う事が出来ます。その後も付き合いもあって、車を買うのはいつも担当の営業マンという方も多いのではないでしょうか?

そうなると当然車を売るのも担当の営業マンになってくるのですが、事故車のハイエースを売却する先が、トヨタディーラーで本当に良いのでしょうか?

ディーラーでは多くの場合が事故車や故障車の被害損額をそのまま査定に反映させて、事故落ち減点も適用されるため大きく価値が下がります。

タダ同然で買い取られたり、廃車になったりと「損」をして手放してしまう確率が高いのです。ディーラーで査定をしてはダメとはいいません。しかし、同時にネットなどの買取店でも必ず売却価格を査定してもらいましょう。

あなたのハイエースが適正な価値でしっかりと手元にお金が残るように。

ハイエースは事故しても買取価格がつく!

事故をしても、ハイエースなら買取価格がつく。その事実をしっかりと頭に入れて、間違った選択肢を選ばなければ損をする事はありません。

どうせ事故車はダメだろう、故障車はダメだろう。そういった思い込みが「損」をしてしまう一番の原因なのです。事故車であっても、過走行であっても、そのハイエースには需要があります!

欲しい人がいる以上、価値が無いなんてことはありません。ここで知った事を参考にして、あなたが行動さえすれば、あなたの「得」が今までよりもきっと大きくなるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました